2019.05.05 大林山と八頭山、さらに冠着山

【大林山1333m,八頭山1204m、冠着山1252m-筑摩山地,信州】
大林山は千曲市・上田市・筑北村の境界に位置する。「おおばやしやま」「だいりんざん」などと読み、「氷沢山(ひざわやま)」と呼ぶ地区もあるという。
筑北村から千曲市に抜ける県道の"坂上トンネル"の東坑口脇の広場に駐車する。杉林を直登して旧道に出、しばらく進むと八頭山登山口がある。
画像

ヤマザクラが満開だ。
画像

カラマツ林を黙々と登る。
画像

キブシだ。
画像


およそ40分で尾根に出て八頭山の分岐となり、ここから尾根を大林山に向かう。
暫く進むと岩井堂分岐、登山道は尾根を離れ筑北側に大きく回り込むようになる。足元にカタクリが咲いていた。
画像

見上げるとコブシが咲いている。
画像

南側のピークに突き上げ、尾根を辿ると山頂だ。
画像

三角点だ。二等点(点名:力石)の筈だが、すっかり角が取れてしまっている。
画像

北の方には北信五岳。
画像

西側には北アルプスが屏風のように白い。
画像
八頭山は展望がないと聞いたので、少し早いがここでランチだ。

昼近くなると次々と人がやってくる。ノンビリしていたが、一足先に腰を上げる。
来た道を戻る途中、エンレイソウを見る。
画像

八頭山分岐から八頭山に向かう~意外と急登だ。山頂はカラマツ林に囲まれ展望は利かない。
画像

下る途中でクサボケが咲いていた。
画像

ようやく登山口まで下ってきた。相変わらずヤマザクラ。
画像


大林山・八頭山、歩いたルートは次の通り。
画像

========================
時間があったので、冠着山に寄ってきた。
鳥居平に車を止め歩き始める。ネコノメソウが咲いている。
画像

暫く歩くと展望台となり、北アルプスが見える。
画像

山頂付近でヤマエンゴサクが咲く。
画像

コブシだ。
画像

およそ30分で山頂、三等三角点(冠着)がある。
画像

山頂の神社の前、北側の展望が開ける。善光寺平の向こうに北信五岳。
画像

足元には長野道とパーキングが見える。
画像

下る途中、もう一度展望台で。中央付近、大天井岳の向こうに槍ヶ岳の穂先がチョコッと覗く。
画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック