2019.04.04 鎌倉岳(竹貫)

【鎌倉岳669m-阿武隈山地,福島】
"いわき"まで出掛ける用事が有ったので、翌日古殿町まで足を延ばして阿武隈山地のもう一つの鎌倉岳を歩いてきた。
阿武隈山地には"常葉の鎌倉岳"と"竹貫の鎌倉岳"の二つの鎌倉岳がある。常葉の鎌倉山は3年ほど前に歩いたが、今日は後者の方だ。

荷市場登山口に車を止めて歩き出す。登山口の標識。
画像

いきなり急な階段道を登り出す。階段が終ると祠があった。山渓ガイドによると雷神社だという。
画像

杉林の中を歩いて行くとその先岩場の痩せ尾根・急坂となる。
画像


西渡からのコースと合流して遊歩道の分岐となる。右の"左回りコース"を採る。このコース北側斜面をトラバースして山頂に向かう。天狗の屏風巖というのがこれ。ここで4人グループとスライドする。
画像

周辺にイワウチワが沢山あるが、ようやく咲き始めた。その中に1輪だけ咲いているのを見る。
画像
画像


この先"観音巖"というのがある。
画像

駒形神社だ。山の中に結構大掛かりな建物となっている。神社の背後には「鎌倉岳と駒形山の由来」が書いてあった。
画像

神社から北の方を眺める。茫洋とした阿武隈山地が広がるが、遠く左側に蓬田岳、右に大滝根山が霞んで見える。
画像

ここから鎖場を登って鎌倉岳山頂だ。山頂標識と四等三角点。
画像

足元に古殿町の市街、遠く阿武隈山地が広がる。方位盤には磐梯山や安達太良山などの表示もあるが、今日は霞んでいる。
画像

山頂で昼食としていると5人グループが登ってきた。
早々に昼食を終了し、大作登山口に向かう。急坂を下りると周回コースの分岐、右回り左回りというのはこっちの登山口から登って右・左の事のようだ。
10分ほどで大作登山口に到着、福島の遊歩道50選の標識があった。

ここからはノンビリと林道を歩いて荷市場登山口に向かう。途中キブシの花を見る。
画像

キブシの花にはキタテハが止まっていた。
画像

道端のスミレやタンポポを見ながら下る。
画像

荷市場登山口の駐車場にて、オオイヌノフグリ。
画像

ヒメオドリコソウ。
画像

少し風が強かったが、ノンビリと歩いた一日となった。最後にこの日のルート。
画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック