2018.05.26 守屋山

【守屋山1650m-伊那山脈,信州】
この日は信州,松本に居た。ちょっと時間が出来、天気が良さそうだったので出掛けてきた。
杖突峠からのコースの往復だ。登山口周辺では'太陽光発電所'の工事が行われており、広い駐車場の端には現場事務所が立ち並んでいた。スタートは9:50となった。

林の中の道を進む。レンゲツツジが咲き始めている。
画像

林道から離れて進んでゆくと湿地状の場所にクリンソウが咲いている。クリンソウは昨年の入笠山以来だ。
画像

守屋山水呑場山荘という名の休憩所やベンチの置かれた広場に着く。少し登ると『守屋山諏訪社』だ。周囲には御柱が立っている。
画像


ここから30分ほどで東峰だ。山頂の標識が立ち展望が広がる。南アルプス。
画像

中央アルプス。
画像

山頂の西峰に向かう。わずかに下ると守屋神社奥宮、鉄格子の柵に守られている。
画像

ここで足元にアヤメを見つけた。
画像

西峰に向かう途中の稜線で見たブナの巨木。"元気になる木"とのこと。
画像


そしてようやく守屋山山頂、そして一等三角点。ここで昼食休憩とする。
画像
画像
山頂標識の下には「守屋山の一等三角点は南アルプスの最北端に位置し云々」の説明がある。ん!~ちょっと待て、伊那山脈(山地)と南アルプスとの間が中央構造線起源の直線状の谷で杖突峠を通過している筈、伊那山脈最北端なんだがな。

北側足元には諏訪湖、その向こう美ヶ原~霧ヶ峰の山並みだ。
画像

オキナグサが保護されて咲いていた。だいぶ終わってはいるが‥
画像


さてノンビリと戻ってくる。途中かなり大人数の団体とスライド、早めに引き上げて良かった様だ。東峰でもう一度写真を撮ったりする。少し下ると霞んではいるが北アルプスの良く見えるところがあった。
画像

下りは早い、'広場'まで戻って看板などを見て休憩。
後は戻るだけだ。途中レンゲツツジのアップを撮ったりする。
画像

マムシグサ。
画像

駐車場はまだまだ多くの車が残っていた。
ノンビリできた一日だった。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック